手作りお菓子の店


by ocha-to-okashi

多摩市の市民茶会で

本日はお休みをいただき申し訳ございませんでした。
多摩市の市民茶会の紅茶席で水屋の仕事を務めてきました。
決められた量の茶葉・湯で同じ温度の元に淹れるとしても、人によって
多少、水色が違います。表に出る人も我々裏でやる人も統一された味
でなければなりません。茶席はそこが難しいです。
先生が準備なさった紅茶の道具をご覧ください。
f0236109_19554713.jpg

茶道と同じように紅茶のお点前もあるんです。(結構、ご存じない方が多い。)
席中、お客様が、「会記」という道具の名前等を書いたものをご覧になりますが、
今回、私にお菓子作りのお役目をいただいたので「茶菓居」の名前と菓子名の
「聖夜」が載っています。なぜ「聖夜」なのか??栗を入れて焼いたバターケー
キですが…まもなくクリスマス、キリストが馬小屋で誕生した時のかいば桶に寝
ている風景に見立てました。
おかげさまでお菓子も結構、評判が良かったみたいなのです。先生が選んだ紅
茶と当店のお菓子の相性が良かったのだと思います。
つくづく、お茶とお菓子は一体だと感じます。だから、お菓子を食べる時には、や
はり、それに合う飲み物がほしいですね。
では、「会記」とお菓子の写真も見てください。
f0236109_2055625.jpg
f0236109_2062429.jpg

by ocha-to-okashi | 2011-12-11 20:20 | ケーキメニュー